ホーム 製品紹介 物理試験機(ゴム/プラスチック用) FPS 磨耗試験機

PRODUCT
製品紹介

FPS 磨耗試験機

Model : AB-2012

  • ゴム・プラスチック
  • 動的耐久性
  • 摩耗特性

AB-2012 FPS 磨耗試験機は、従来のスリップ率制御に加え、より実機(実車)との相関性を高めるために、試料と磨耗ホイールとの間に発生する摩擦力(接線力)による制御を可能にした、新開発の磨耗試験機です。

タイヤ、ベルトなどに用いられる高分子材料の磨耗試験を行う場合、ランボーン磨耗試験機や従来のFPS試験機などでは、試料と磨耗ホイールとの回転速度に一定の差を与えたスリップ率制御が用いられていました。

従来は、実機(実車)と相関の取れる摩擦エネルギーによる磨耗評価を行うためには、複数の条件によるスリップ率制御試験機の結果から摩擦エネルギーを求めて評価を行う必要がありました。
本装置はダイレクトに摩擦力を制御することによって実機(実車)の条件を更に精度良く再現することに成功しました。

  • FPS 摩擦試験機などの従来広く使用されていたランボーン型摩擦試験機では、実現が出来なかった摩擦力制御での試験が可能。

  • 試験中、摩擦していく試料直径を、リアルタイムに測定を行い周長のフィードバックを随時行う。

  • スリップリング無しによる路面温度制御が実現。(オプション仕様)

  • サンプルクランプ方法をラチェット式に改良。

  • 粘着防止剤として高精度に流量制御されたタルクフィーダを採用。(日本国特許:第4559617)

  • 磨耗材としてセフィティーウォークを採用し試験の再現性を飛躍的に向上。

  • 長時間試験のために、直径50mm試料では最大56個の全自動試験が可能。

  • 2個のブラシで磨耗ホイール表面の清掃をおこない磨耗ホイール表面状態を一定に保つことが可能。

  • 専用ソフトウェアを用い摩擦エネルギー解析が可能。

委託試験

この製品は委託試験を行っております。

FPS 磨耗試験機に関するお問い合わせ

TEL.042-572-1397 (月曜~金曜 午前9時~午後5時)
FAX.042-573-1520

お問い合わせフォーム