ホーム 製品紹介 物理試験機(ゴム/プラスチック用) ゲーマンねじり試験機

PRODUCT
製品紹介

ゲーマンねじり試験機

Model : TM-2500 シリーズ

  • ゴム・プラスチック
  • 耐環境性
  • 低温特性

ゲーマンねじり試験機は、常温では柔軟な弾力を持つゴムも、低温になると 分子運動が不活発になって、次第に硬化し、ガラス化温度(Tg)以下では凍結してゴム本来の機能が果たせなくなってしまいます。この現象は実用面で、たとえば極寒冷地帯で使用するタイヤや、成層圏を飛ぶ航空機の部品などに重要な 影響を及ぼすことになります。
このように重要な役割を持つゴムに低温特性を評価するゲーマンねじり試験機と共に最もポピュラーな試験方法で、JIS K 6261 加硫ゴムの低温試験方法、 及び、ISO 1432 にも採用されています。

  • 6個までの試験片の測定が可能となり、JIS K6261に推奨されているように、低温ねじり合成が既知の試験片も含めて同時に試験できるため、信頼性の高いデータが得られます。

  • ディスプレイ画面で得られる測定データのグラフは、温度-ねじれ角曲線だけでなく、温度-表示および記録されます。

  • 試験で得られた温度-ねじり角曲線からJISで定められたそれぞれの比モジュラスの値に対する温度のほか、ゴムの低温特性を示す重要なパラメータであるガラス転移温度(Tg)も、ゲーマンねじり試験機用ソフトウエアで求めることができます。

  • コンパクト設計により少スペースでも設置が可能な為、スペースをとらない構造となっております。

ソフトウェア

 メイン画面

 

 試験条件画面

 

 シーケンス画面

 

 印刷プレビュー画面​​​​​​​

​​​​​​​

仕様

型式 TM-2535 TM-2536
冷却方式 二元冷凍機 ドライアイス投入
準拠規格 JIS K 6261、ISO 2921
試験片測定数 6個(試験は、6個同時測定)
温度範囲 -70℃~20℃
温度上昇 5℃間隔(各設定温度で5分間状態調節)
温度制御 PID温度調節計、センサーPT100Ω
伝熱媒体 エタノール又はIPA
温度表示 0.1℃検出 デジタル表示(試験測定中はPCディスプレーにも表示)
ねじれ角度測定 ロータリーエンコーダ 最少角度表示 0.5°
データ処理 データ(ガラス転移点 Tg)表示
グラフ作図(温度-ねじれ角曲線、温度-見掛けのねじりモジュラス線)
ファイル機能(データ、試験条件、PID設定) トーションワイヤーの制御解除
安全装置 非常停止スイッチ、漏電ブレーカ、過熱防止器
電源 三相 200V 30A 50/60Hz /PC 単相 100V 三相 200V 20A 50/60Hz /PC 単相 100V

ゲーマンねじり試験機に関するお問い合わせ

TEL.042-572-1397 (月曜~金曜 午前9時~午後5時)
FAX.042-573-1520

お問い合わせフォーム